リンパマッサージ 注意点

リンパマッサージ、方法や注意点など

リンパマッサージは「なでる」ように行う

リンパが流れるリンパ管は非常にもろく、少し力をかけただけで破れてしまいます。
リンパマッサージの基本は、やさしくさするようなソフトなタッチでゆっくりと行うことです。
痛みを感じるほどの強い刺激は絶対に厳禁です。
手のひらで触れた程度の非常に軽い圧力で、「なでる」とか「さする」という感じで行います。

 

リンパマッサージは、まず鎖骨リンパ節から

また、リンパの流れる方向に行わないと効果がありません。
必ず確認してからしましょう。
リンパの出口は、鎖骨部分の鎖骨リンパ節なのですが
最後の出口が詰まっていると排出できなくなります。
リンパマッサージはリンパの最終出口である鎖骨から始める事が大切です。
鎖骨をマッサージした後に、
顔→脇→腕→脚の付け根→脚 の様に行うと
リンパの流れがスムーズになり老廃物が排出されやすくなります。

 

リンパマッサージの前後には必ず水分補給

リンパマッサージをする時は、事前にお水を飲みましょう。
水分をとると、老廃物が水分と一緒に排出されます。
だいたいコップ一杯の水を飲むようにして下さい。
また、リンパマッサージを行った後は、身体が水分不足になりますので
終わった後も、コップ一杯の水を飲むようにして下さい。
少し暖かめの水を飲むといいようです。

 

リンパマッサージはリラックスして行うと効果的

リンパマッサージはリラックスできる環境で行いましょう。
リラックスした状態で行うことでリンパ管がゆるみ
リンパの流れがスムーズになり、効果がより高まります。
部屋の温度や照明、リラックス効果のあるBGMやアロマなど
自分にとって一番リラックスできる環境を作りましょう。
また、できるだけ人に邪魔されない環境で行いましょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る